NEWS 新着情報

《会長コラムVol.4》「世界は1つ」

Hello!!! Every one.

中学英語を独学で3ヶ月前から始めたのですが、只今 絶賛休学のPHOENIX会長 加藤督朗です。

先日は自称出張という事で、中国の雲南省にある玉渓市というマニアックな街まで、飛行機を2度乗り継ぎ、空港から車で1時間半をかけて行って参りました。

そこで行われた中国で3番目に大きい団体のイベントが行われたのですが、色んな国々から選手やセコンドが訪れ、英語を話す機会がかなりありましたが、殆どYESとNOだけで乗り切りました(・∀・)⬅︎乗り切れたわけがない!

(1番仲良くなってた右から2番目の陳さんも、俺と同じ英語力…言葉なんていらない!)

ただ、やっぱり世界のどのイベントにもタイ人選手は必ずいます!

そこで私の存在価値が引き立つのです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
⬆︎
私、文字の読み書きは一切出来ませんし、発音もカタカナ発音で酷いのですが、ヒアリング能力と直感で会話は意外と得意なんですの(●´ω`●)

中国語とタイ語と英語と日本語が飛び交う中で、お酒というツールを使って世界は1つになっていくんです(´∀`*)

イベントにはPHOENIXの選手は参戦しなかったのですが、他ジムの日本人選手が参戦し、判定で敗けてしまいました。

その判定が降った時、誰かの叫び声が聞こえ場内が騒然した雰囲気となり、警備をしていた隊員達が一斉にリングサイドに駆け寄りました。

最初に何が起こったか分からなかった僕は、客が反日感情爆発して暴れているのかと焦って立ち上がり駆け寄ると、

大勢の警備隊に囲まれた輪の中から、1人の小さいおばちゃんが投げられて飛んで来ました(・∀・)

その人はさっきまで日本語通訳として選手に着いてくれていた中国人の方で、メチャメチャ親切にしてくれていました。

どうしたおばちゃん( ;´Д`)と思っていると、
そのまま会場の外まで連れ出されて行きました。
叫び、暴れまわって金属チェックのゲートまで蹴り倒して凄かったですε-(´∀`; )

外でも警備隊と大喧嘩!!

イベントの主催者から説明をうけたのですが、

どうやら日本人が勝ってたのに、不公平な判定で敗けにされたと思ったらしく、こんな判定は卑怯だ!!とキレてしまったらしい。

僕らはさっきまで味方だと思ってたのに、急に敵に回ったのかと心配していたので、理由を聞いてむしろ嬉しかったです。

主催者も判定がおかしいと思うなら言ってくださいと言われたのですが、
僕らは判定を全く不服だと思っていない事を伝えて、ようやく収集がつきました( ̄▽ ̄;)

興奮が収まったおばちゃんに、
「僕らの事を思ってくれてありがとうございました。」
と伝えたら、

「私の旦那は日本人。私は中国人だけど心は日本人 だから許せなかったo(`ω´ )o」

と言ってくれました(*≧∀≦*)
だけどねおばちゃん…俺ら 敗けてたって(^_^;)…

その後は平謝りしながら、僕らの控室を綺麗に片付けてくれていました。

こういう出逢いも海外遠征の醍醐味です!!

今まで、僕はキックボクシングを通じて国内外、様々な国に行って、様々な国の人達と出逢うことができました。

これが僕の1番の財産です!!

もっともっと色んな出逢いを楽しみたいので、僕は英語が話せるようになりたいのです。
この気持ちを忘れず、そろそろ英語の勉強を再開したいと思っています(。-_-。)

広い世界を見て、狭い自分の心を恥じ、毎回成長させてもらえます。

ありがとうChina٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

PHOENIXにも様々な国の方が在籍しています。

タイ、中国、韓国、フランス、ドイツ、キューバ…

みんな異国で働く夢追い人。
スゲーよなぁ カッコいいよなぁ ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
マジで尊敬しています!

いつか俺も、イングリッシュを武器に世界で再び勝負してみたいᕦ(ò_óˇ)ᕤ

(これは、試合の翌日に行われた旧正月前の総会議と大忘年会の会場にあったウェルカムボードの前でパシャり)
⬆︎
キメてますが、前日の夜に車から降りる時に真ん中の先輩の前を横切ったら浣腸されて、既に破れかけていたGパンにパックリ穴が空き、内側をテープでとめてるだけだし、
腕時計は酔っ払って何かにぶつけたのか、朝起きたら秒針と分針が外れてしまっているという張りぼて状態での参戦でした( ;´Д`)

因みに先輩は、トランジットの上海で携帯を失くし、僕らから逸れたら即迷子なので、見えづらい右手は迷子にならないように、隣の陳さんのジャケットの裾握っているかも知れません(。-_-。)